このページの本文へ移動

現在位置 :トップページ › 本会議録画配信

戸田市議会 本会議録画配信

1登録件数 7 件    
発言種別 録画内容 リンク
 令和2年6月定例会
会議日:令和2年6月10日(本会議)
本会議
・一般質問(2)
議事進行 開議 (16秒) 録画配信へのリンク
一般質問 むとう 葉子議員
(日本共産党戸田市議団)
〜休憩
(55分34秒)
1.市民の生活空間を守る対策について
 (1)田辺三菱製薬跡地の建物解体作業における資料が、5月13日、企業より近隣住民に配られている。5月中旬からボーリング調査、6月中旬から解体工事が始まるとのことである。
  @市は計画の内容を把握する必要があると考えるが、市の見解は。
  A隣接する道路は、生活空間であり騒音対策、粉塵対策、また、アスベスト対策などが心配されるが、市の対応は。
  B通学路となる道路の安全対策について。
2.学校休業中における学校給食取引業者を守る取組と児童生徒の食育について
 新型コロナウイルス感染対策で学校が一斉休業となり、休業が長引く中、学校給食取引業者の存続が危惧されてきた。学校再開時には、安全な食材提供をするため、業者を守ることが大切である。また、児童生徒は教育の格差だけでなく、健康の格差も問題となっていることから、子供の成長にも目を向ける必要がある。
 (1)賄い材料費のキャンセル料金について。
  @3月分の賄い材料費のキャンセル料金は、どのような処理を行ったか。
  A4月分と5月分の違約金の支払いについて。
 (2)新型コロナウイルス感染拡大における第2波、第3波が起こり休業となった際には、お弁当を配付し、食育の実践に役立ててはどうか。
3.DV被害者を守る体制について
 (1)新型コロナウイルス感染対策による自粛生活で、配偶者によるDVや子供に対する虐待リスクが高くなることが危惧されてきた。自宅での自粛生活をしている場合、加害者の監視下にあるため、相談窓口につながらないのではないかと考える。
  @相談窓口の周知とその工夫について。
  A児童虐待との一体的な取組は。
  B配偶者暴力相談支援センター設置の進捗状況は。
  C緊急一時保護として、宿泊費補助を行ってはどうか。
4.避難対策について
 (1)台風19号における水害の経験から、市民より様々な意見をいただいている。
  @戸田市ハザードブックにおける避難所は、一時避難と広域避難に分けられているが、市民に対して周知徹底するべきと考えるがどうか。
  A指定緊急避難場所については、市の避難所のほか、町会・自治会の自主防災会がマンションとの協定を結んでいる。新しくできたマンションが多いことから協定の見直しを急ぐべきではないかと考えるがどうか。
 (2)今後、起こり得る地震や台風での大規模災害時における避難に対して、避難行動要支援者の避難対策は、どのように考えているか。
録画配信へのリンク
一般質問 再開〜
本田 哲議員
(日本共産党戸田市議団)
〜休憩
(1時間00分18秒)
1.後期高齢者医療制度加入者に対する保養施設宿泊料金の一部助成について
 (1)後期高齢者医療制度加入者を対象に、埼玉県国民健康保険団体連合会の契約保養施設に宿泊することに対し、宿泊料金の一部を助成している自治体がある。市民からも根強く要望が寄せられていることから、毎年、党市議団が市長に提出している予算要望書に盛り込み助成実施を求めてきた。高齢者の健康保持、増進を図る観点からも、戸田市でも保養施設の宿泊料金の一部を助成すべきである。市の見解を伺う。
2.新型コロナウイルス感染症に係る教育委員会の対応について
 (1)休業時に実施されたオンライン授業について。
  @各学校におけるオンライン授業の実施状況は。
  A各学校におけるタブレット等の貸出し状況は。貸出し時期に違いがあったと聞いているが原因は何か。
  Bオンライン授業を受けるためや、子供が複数いることで新たにタブレット等を購入したり、Wi-Fi環境を整えるなど、新たな出費を強いられた家庭がある。このような出費についてどう受け止めているか。
  Cコロナ禍の中で実施されたオンライン授業。テレワークをしている保護者は付きっきりとなり仕事ができない。低学年は集中が続かない。双方向授業ではなく一方的な動画配信であった。学校ごとに内容が違うことなど、様々な問題点や課題があり、苦情の声が寄せられている。学校間格差や教育格差が如実に表れたオンライン授業であったと感じるが、教育委員会としてどのような受け止めをしているか。
 (2)学校再開における子供たちへの対応について。
  @校内における感染症対策はどうなっているか。
  A登校方法や授業形態、学校行事、夏季・冬季休業日数などを含め、子供たちにどのような学びの場を提供しようと考えているのか。
  B約2カ月の休業が終わり、再開となるわけだが、子供たちが学校にクラスに友達に先生になじんでいけるのか、授業についていけるのか等の不安の声が寄せられている。子供たちへの精神的な面でのケアが必要と考えるが、何か取組は考えているのか。
  C特別支援学級の児童生徒たちにもケアやサポートが必要だと考える。どのような対応を考えているか。
3.施設整備事業の実施時期の見直しについて
 (1)4月22日に発表された「戸田市新型コロナ対応緊急支援パッケージ」において、「令和3年度以降の教育を除く施設整備事業の実施時期見直しによって、財政負担を軽減します」との記載がある。そこで以下3点について伺う。
  @実施時期を見直す施設整備事業とは何か。
  A整備実施時期を見直すことで、対象となる施設で問題等は発生しないのか。
  B「教育を除く」とは、どのような理由からか。
録画配信へのリンク
一般質問 再開〜
高橋 秀樹議員
(無所属)
〜休憩
(40分31秒)
1.新型コロナウイルスの対応について
 (1)緊急事態宣言が全面解除となったが、感染は問題ないか。
 (2)企業、商業に影響は大きいが、支援は考えられないか。
 (3)市内のスポーツ施設は、いつ頃から利用可能となるか。
2.新型コロナウイルス感染症による学校の休業について
 (1)3月から5月の学校休業は40日くらいと思うが、土曜日、夏休み、春休みで対応するのか。
 (2)学力の低下は、問題ないか。
 (3)オンライン授業は小学生は難しいと思うが、可能と考えるか。
 (4)新学期を9月からとの意見もあるが、就職等の関係で問題がある。9月からの新学期は考えられるか。
録画配信へのリンク
一般質問 再開〜
竹内 正明議員
(公明党)
〜休憩
(51分12秒)
1.川岸3丁目のホームセンター建設による影響について
 (1)現状について。
 (2)市民への周知について。
 (3)想定される影響と対応について。
2.県南部地域特別支援学校(仮称)について
 (1)戸田翔陽高校の敷地内に新設される特別支援学校がいよいよ来年(令和3年)の4月に開校となる。本市で把握している現状について伺う。
 (2)市民への周知について。
 (3)県南部地域特別支援学校(仮称)を含む市内県立学校(3校)と本市の包括連携協定締結について。
3.SDGsの推進について
 (1)昨年1月に公表されたSDGs先進度ランキングでの本市の評価について。
 (2)今後の進め方や計画について。
録画配信へのリンク
一般質問 再開〜
三輪 なお子議員
(公明党)
(1時間34分40秒)
1.健康対策について
 (1)乳幼児健診の現状について。
 (2)今後の乳幼児健診の予定について。
 (3)予防接種について。
  @子供たちへの定期予防接種の現状について。
  A高齢者用肺炎球菌予防接種について。
  BHPVワクチン定期接種の通知について。
2.認知症対策について
 (1)認知症サポーターとして活躍している人数について。
 (2)認知症サポーター同士の交流の場について。
 (3)認知症サポーターへの積極的なアプローチについて。
 (4)認知症サポーターの育成について。
 (5)チームオレンジの整備に向けた具体的な取組について。
録画配信へのリンク
議事進行 散会 (8秒) 録画配信へのリンク
1登録件数 7 件    

Copyright © Toda City. All rights reserved.