本文へ移動

現在位置 :トップページ › 議会改革の歩み

議会改革の歩み

戸田市議会では、より開かれた議会を目指し、平成15年2月6日に議会改革特別委員会を設置し、議会が担うべき機能の充実に取り組んできました。

主な経緯

平成31年・令和元年

  • 9月 政務活動費領収書のホームページ公開。

平成30年

  • 8月 タブレット端末及びクラウド文書共有システムを導入。
  • 9月 戸田市議会 議場における避難訓練を実施。

平成29年

  • 2月 常任委員の任期を「2年」から「1年」に改正。
  • 3月 戸田市議会 災害対策支援本部設置訓練を実施。

平成28年

平成27年

  • 2月 戸田市議会 災害対策支援本部設置訓練を実施。
  • 5月 戸田市議会見学ツアーの実施。
  • 8月 戸田市議会懇談会実施要綱を制定。
  • 9月 戸田市議会 議場における避難訓練を実施。

平成26年

平成25年

  • 1月 戸田市みんなで守ろう自転車安全利用条例の制定。
    戸田市みんなで守ろう自転車の安全利用条例(戸田市例規集) (外部リンク)
  • 2月 常任委員の任期を「1年」から「2年」に改正。
  • 3月 地方自治法の改正により、「政務調査費」の名称を「政務活動費」に改める。
  • 4月 費用弁償を日額「3,000円」から「1,500円」に減額。
  • 常任委員長の報酬を5,000円増額し、「455,000円」とする。

平成24年

平成23年

平成22年

平成21年

  • 2月 議員定数を1人削減し「26人」に。
  • 3月 常任委員会が年間活動テーマを定め、原則毎月1回、常任委員会を開催。
  • 5月 行政視察後、各委員会において視察内容を検証。
  • 12月 インターネットで議会録画配信を開始。

平成20年

  • 2月 議会選出委員の附属機関からの引き揚げ(36機関中25機関)。
  • 4月 ホームページにおいて議長交際費公開。
  • 政務調査費(現:政務活動費)の収支報告書提出書類を「領収書の写し」から「原本」に改正。

平成19年

平成18年

  • 6月 議会中継をライブ配信。
    委員会傍聴を定例会中の特別委員会(議会改革を除く)まで拡大。
  • 9月 委員会傍聴を「閉会中、臨時会」まで拡大。

平成17年

  • 2月 議員定数を1人削減し「27人」に。
  • 9月 議決事件に「憲章、宣言の制定または変更、廃止」を追加。

平成16年

  • 4月 政務調査費(現:政務活動費)、領収書写しを添付。使途基準を明確化。
  • 6月 一般質問を一問一答方式に変更。

平成15年

  • 2月 議会改革特別委員会を設置。
  • 12月 定例会中の常任委員会を公開。

Copyright © Toda City. All rights reserved.