このページの本文へ移動

現在位置 :トップページ › 質問通告

質問通告

(*は現職を表す)
 詳細検索
先頭へ前へ282930313233343536 次へ  最後へ登録件数 1839 件    
順序 質問者 発言事項 答弁者
 平成19年 9月定例会(第4回)
  平成19年9月11日【一般質問】
9 望月 久晴
日本共産党

会議録を表示
1.交通安全対策について
 (1)(仮称)「ララガーデン川口」建設に伴う周辺地域の交通安全対策について。
2.震災対策について
 (1)緊急地震速報に、どう対応するのか。
 (2)住宅の耐震診断の現状と、今後の対応。
 (3)液状化対策について。
3.各種附属機関の公開について
 (1)各種附属機関の公開の徹底を。
4.生活保護について
 (1)生活保護行政について。
市長
担当部長
10 馬場 栄一郎
民主クラブ

会議録を表示
1.市内駅発車音について
 (1)市歌のメロディーの評判はどうか。変更も検討すべきではないか。
2.交通事故対策について
 (1)本市の交通事故の実態を、どう認識しているのか。
 (2)本市において埼玉県警等の実施している事故抑止対策は、どのようなものか。また、本市の実施している事故抑止対策は。
3.施設整備の起債について
 (1)「健康福祉の杜第2期整備」「学校給食センター」「上戸田福祉センター」の施設整備における起債充当率と交付税算入率を、どのように考えているか。
 (2)起債額を抑えるために、施設整備基金を設置してはどうか。
 (3)コミュニティーボンドの活用を検討してみてはどうか。
市長
担当部長
11 高橋 秀樹
民主クラブ

会議録を表示
1.環境対策について
 (1)河川の浄化について。
  @ルネッサンスUによる笹目川の浄化は、どの程度改善されたか。
  A戸田ボートコースの浄化の取り組みは。
  B戸田ボートコースの曝気(エアレーション)による浄化を考えては。
 (2)アイドリング・ストップ車の導入促進について。
 (3)ボイラー等の燃料にエマルション燃料の使用は。
2.学校開放について
 (1)グランドの防球ネットやバックネットの整備に対する考え方。
 (2)喜沢中学校のクラブハウスの使用状況と活用は。
市長
担当部長
12 手塚 静枝
公明党

会議録を表示
1.投票率アップと若年層対策について
 (1)本市は依然として投票率が低いが、投票率アップをどのように仕掛けていくのか。また、無関心層への対策はどうか。
 (2)選挙への関心を持ってもらうために、20代の若年層の投票立会人を選任してはどうか。
2.妊婦・乳幼児を守る災害対策について
 (1)災害時の避難生活における支援で、心身に特に配慮が必要な妊婦・乳幼児を守る災害対策のガイドラインはあるか。高齢者や障害者の対策はもちろんであるが、妊婦や乳幼児を抱える女性の支援をぜひやってもらいたいが、いかがか。
市長
担当部長
  平成19年9月12日【一般質問】
13 熊木 照明
志政クラブ

会議録を表示
1.警察行政について
 (1)蕨警察署新庁舎の中には、県警本部機動捜査隊などの執行部隊もあり、その活動拠点ともなっているようですが、その他の署内施設の概要は。
 (2)移転後の警察署に対する市民の反応や犯罪発生率、犯罪抑止効果は。
 (3)警察署移転後の跡地の使用方法について。
 (4)信号機の設置について。
2.医療費の低減対策について
 (1)医療保健センターにおける、医療費の低減対策を進めるにあたり、調剤費(薬代)の負担を縮減する方策として「ジェネリック医薬品(後発医薬品)」の処方を積極的に推進しては。
 (2)医療保健センター受診者について「ジェネリック医薬品」を利用しやすいように、希望カードなどの配布を考えては。
市長
担当部長
14 花井 伸子
日本共産党

会議録を表示
1.学校給食について
 (1)給食センターの建てかえ計画の進捗状況について。
 (2)自校式調理場の今後の整備について。
2.保育行政について
 (1)市立こだま保育園の廃園について。
  @保護者への理解が得られると考えているのか。
  A環境の変化が子供たちに及ぼす影響をどう考えるか。
  Bこだま保育園は市立保育園として存続すべきでは。
 (2)市立上戸田保育園の建てかえ、並びに運営計画について。
市長
教育長
担当部長
15 召田厚
志政クラブ

会議録を表示
1.救急搬送トリアージについて
 人身事故や急病時、救急車のサイレンを聞くと安心します。しかし、今般、軽症者の搬送により、本当に救急車を必要としている人の障害となりつつあるのが現実です。そこで、
 (1)救急車の搬送状況についてはどうか。
 (2)救急病院との連絡はどのように行っているのか。
 (3)小児救急、産婦人科救急は特に取りざたされているが、戸田市周辺の現状はどうか。
 (4)救急搬送トリアージの検討をしてはどうか。
 (5)救急医療相談の窓口は設けられないか。
 以上についてお伺いします。
2.教育行政について
 昨今、教育行政は方向性が定まらず、右往左往しているように見えます。本市も翻弄されているところです。そこで、今後の教育行政についてお伺いします。
 (1)試行として始めた夏季休暇短縮、二学期制についての検証、方針について。
 (2)当初予算から大幅にずれてきている、単独校調理場建設の今後の方針について。
 (3)教師の事務分掌を減らし、時間にゆとりを持たせるということで始めた、スリム化検討委員会の現状と今後の展開はどうか。
 (4)子供に対する、地域との防犯の進め方についてお伺いします。
市長
教育長
担当部長
16 岡嵜郁子
日本共産党

会議録を表示
1.税の滞納対策について
 (1)滞納にならない対策の一つとして、税の減免、猶予、分割納付の一層の活用を。
  @滞納者のうち、実際にこれらを受けている件数、金額は。
  A該当となるケースを具体的に挙げて周知を。
 (2)財産の差し押さえ、公売についての基準は。
  @分割納付に応じている人への公売予告。
  A生活費の確保等との兼ね合いについて。
 (3)徴税担当職員の研修について。
2.DV(ドメスティック・バイオレンス)防止対策について
 (1)第3次男女共同参画計画(とだあんさんぶるプラン)におけるDV防止対策について、現時点までの取り組みについての評価は。
 (2)男女共同参画センターを、戸田市のDV防止センターとして、役割を明確にしては(機能や市民への周知)。
 (3)市役所としての対応強化は。
  @児童虐待防止ネットワークとリンクした、庁内、及び庁内外ネットワーク会議。
  A職員への意識啓発、研修。
  BDV被害者へのワンストップサービス。
 (4)民間支援ボランティアの育成について。
市長
担当部長
 平成19年 6月定例会(第3回)
  平成19年6月11日【質疑】
1 望月 久晴
日本共産党

会議録を表示
◇報告第5号 専決処分の承認を求めることについて(専決第3号 戸田市税条例の一部を改正する条例)
 (1)上場株式等に係る譲渡所得等の軽減税率の特例の適用期限、1年延長の対象者数と軽減額
 (2)上場株式等の配当等に係る軽減税率の特例の適用期限、1年延長の対象者数と軽減額
        
2 高橋 秀樹
民主クラブ

会議録を表示
◇議案第45号 戸田市一般職の任期付職員の採用等に関する条例
 (1)職種として、どのようなものを考えているか
 (2)年齢制限はあるのか
 (3)任期等は規則で定めるのか
 (4)採用に対する評価基準、経歴評価
 (5)手当について
3 花井 伸子
日本共産党

会議録を表示
◇議案第56号 平成19年度戸田市国民健康保険特別会計補正予算(第1号)
款1総務費、項2徴税費、目1賦課徴収費、節13委託料、医療制度改革に伴う税オンラインシステム改修業務について
 (1)保険税が年金から直接引かれる対象者数
 (2)保険税が年金から直接引かれる対象税額
 (3)周知方法は
 (4)国庫補助はあるのか
  平成19年6月14日【一般質問】
1 平野進
平成会

会議録を表示
1.緑のボランティアについて
 (1)各団体の活動状況の実態把握は
 (2)団体への各種園芸講座や交流会開催やアダプトプログラムの促進について
 (3)緑化推進の維持に関する各団体を支援するために、活動経費の助成について
2.記念樹について
 (1)申請方法について
 (2)対象は結婚、誕生、新築の3項目であるが、内容によっては選択の範囲を樹木以外に拡大を図れないか
   ※誕生について、武蔵野市こうのとりベジタブル事業を例にする
 (3)対象市民は全て受け取っているか。また、その後のフォローの実施について
3.荒川水循環センターの上部利用について
 (1)進捗状況について
 (2)外環道からの展望を活かした市独自の「戸田フラワーガーデン」の考えは
 (3)市内放置自転車を再利用し、公園内外のレンタサイクル事業について
 (4)健康促進を図るウォーキングロードに「ポケットパーク」の併設や「足湯」の確保、また動物との触れ合う「ドッグラン」や「パークゴルフ場」の設定について 
市長
担当部長
2 山崎 雅俊
平成会

会議録を表示
1.市内小中学校について
 (1)市内小中学校児童生徒数の現状と今後の推移について
 (2)市内小中学校の通学区について
 (3)学校給食センター建てかえ計画の進捗状況と小学校単独調理方式給食の推進について
 (4)留守家庭児童保育指導室の現状と今後の推進について
 (5)戸田あそびの森事業の評価と放課後子どもプランの実施計画について
2.安心安全のまちづくりについて
 (1)AEDの設置状況と今後の設置見通しについて
 (2)市民救命士制度の新設について
市長
担当部長
3 三浦 芳一
公明党

会議録を表示
1.川口金属跡地建設予定「大型ショッピングモール」の概要について
 (1)建設規模、駐車場台数、営業内容、時間帯、その概要は
 (2)本市からの顧客がかなり見込まれると思うが、道路のアクセスはどうなるのか。また、市境の緑川に架ける橋はどのようになるのか
 (3)戸二小通り、緑川側道(市道3002号線)の交通量が、かなりふえると思うが、その交通安全対策を初め、総合的な周辺対策(県道からのアクセスなど)を、どのように考えているか
2.感染症対策について
 (1)本市の「はしか」の発症状況と、その対策を、どのように考えているか
 (2)鳥インフルエンザ・SARS患者などが発生した場合の対応策は、どのように考えているか
3.戸田市環境基本計画について
 (1)この5年間の取り組みと成果について、また、今回の見直しのポイントは何か
 (2)地球温暖化対策に対する本市の取り組みの中で、エネルギー問題、エコプロジェクトについて
市長
担当部長
4 遠藤 英樹
平成会

会議録を表示
1.有事における訓練の強化
 国民保護計画が提示されたが、実際の有事にあたり市民がいかにその身を護ることができるかが大切と考える。そこで、
 (1)普通救命講習を学校教育に取り入れることはできないか
 (2)避難所生活を実際に体験するような機会を設けることはできないか
 (3)避難所生活から早期に脱却するための財政的対応はどうなっているか
 (4)消防団への対応を強化することはできないか
2.母子家庭、父子家庭、寡婦と寡夫の対応の差
 男女平等の観点から見て、母子家庭、父子家庭、寡婦と寡夫への支援事業に差があるのは問題と考える。以下の事業について所得制限のみを残した平等なものとすることはできないか
 (1)母子家庭等日常生活支援事業
 (2)児童扶養手当支給事業
3.精神障害者への福祉施策
 (1)障害者自立支援法の観点からも、3障害の平等な取り扱いが求められるが、現状では差異のある事業について、今後の対応をお伺いします
市長
担当部長
5 馬場 栄一郎
民主クラブ

会議録を表示
1.中高層建築物等の建設に係る紛争の防止と調整に関する条例について
 (1)利害関係者の範囲
 (2)調整委員会
 (3)調整と調整の打ち切り
 (4)住民説明
2.産科医不足問題について
 (1)市内における分娩と産科医の状況
 (2)今後の対応
3.市長選について
 (1)首長の多選について、どう考えるか
 (2)新しい蕨市長の誕生により、本市にどのような影響があると考えるか
市長
担当部長
6 鈴木麗子
公明党

会議録を表示
1.安全安心なまちづくりについて
 (1)防犯情報メールの登録拡大と、全市民型防犯情報提供ネットづくりへの取り組みについての考えは
 (2)学校関係者の防犯情報メール活用状況と、ユビキタス技術を用いた子供の安全対策への取り組みについて
 (3)改正消防法の施行を踏まえ、火災予防条例の見直しと、高齢世帯への火災警報器設置支援を求める
2.上戸田川排水路のユスリカ対策について
 (1)ユスリカの実態調査と、実施している対策について
 (2)不快被害解消に向けた排水路の浄化と、捕獲機設置への考えは
市長
担当部長
  平成19年6月15日【一般質問】
7 手塚 静枝
公明党

会議録を表示
1.多重債務者の救済と対策について
  消費者金融利用者約1400万人のうち、230万人が多重債務を抱え、高金利の借金返済に苦しんでいる。政府は「多重債務問題改善プログラム」を策定し、市区町村の各部局の連携による多重債務者の掘り起こし(発見)と、相談窓口へ誘導する「相談窓口の整備・強化」など、4つの施策を打ち出しました。本市は、既に相談窓口での対応をしているところでありますが、
 (1)本市の多重債務の相談への対応は(現状)
 (2)多重債務の未然防止と生活再建についての本市の取り組みは
 (3)相談窓口に出向きたがらない人たちの「掘り起こし」が大切である。それには、税務や子供たちに関係する部局などが連携して見つけ出し、相談窓口に誘導することが、結果的には税収にもつながる。連携をスムーズにするには、職員の意識向上が大事と思うが、いかがか
 (4)関係職員の多重債務問題についての研修と連絡会が必要であると思うが、いかがか
2.戸田市営住宅に「子育て世帯枠」を
 (1)この秋に建てかえ工事が着手される市営下笹目住宅に、子育て世帯を対象にした優先枠を設けることはできないか。例えば、未就学児がいる世帯を対象とした優先枠、ヤングファミリーの優先枠、10年間の期限つきではどうか
 (2)すでに入居済みになっている市営住宅に対しても、今後子育て世帯枠を優先させていく考えはあるか
 (3)入居中の単身高齢者の住みかえの支援体制は、どのようにされているのか。民間住宅の借り上げと家賃補助制度の考えは
3.「パパ・ママ応援ショップ」について
 (1)子育て家庭の負担軽減と子育てが楽しくなる地域社会にとの思いから、埼玉県は、子育て世帯に“優待カード”を配布し、県内の協賛店舗で掲示すると得点や割引サービスを受けられる「パパ・ママ応援ショップ事業」を市町村と共同で開始した。本市は、7月から実施の予定となっているが、事業のスタート準備はどのようになっているか
 (2)県のこの事業と絡めて、市として独自の子育て世帯への支援となる施策はあるのか
市長
担当部長
8 召田厚
志政クラブ

会議録を表示
1.アントレプレナーシップ事業の導入について
 (1)現在、市でも事業提案制度を実施しているが、地位や役職にとらわれず、また、各セクションの枠にとらわれず提案された事業を皆で評価し、施策として施行していく制度をつくってはどうか
2.事務事業評価について
 (1)市民意識調査などにより、市民のニーズ、それにこたえる施策を総合振興計画に基づき施行しているが、一つ一つの施策が満足のいくものなのかどうかの指標として、有識者・市民による評価制度を設けてはどうか
3.災害時、重要拠点となる施設の耐震性について
 (1)戸田市地域防災計画書にも示されているとおり、災害時、市内の公共施設は、それぞれ重要な使命を持つ施設となりますが、庁舎を初め、その耐震性はどうか
 (2)今すぐにでも発生するかもしれない大地震に対し、施設の改築・改修等、どのように進めていくのかお伺いします
市長
担当部長
9 高橋 秀樹
民主クラブ

会議録を表示
1.用途地域の見直しについて
 (1)用途地域の見直しを行い、工業専用地域を指定すべきではないか
2.企業の定着化の対策
 (1)戸田から企業が移転するが、戸田市での企業活動が難しくなっている。対応策は考えているか
 (2)企業誘致は考えられるか
3.給食センターの建てかえについて
 (1)オルガノ株式会社の跡地を購入、または借用し、PFIによる給食センターを考えてはどうか
4.交通規制について
 (1)川口金属株式会社が一部移転するが、戸田の交通に大きな影響が考えられるが、交通規制をどのように考えているか
市長
担当部長
教育長
10 本田 哲
日本共産党

会議録を表示
1.tocoバスの路線変更について
 (1)南西循環を利用する旭ヶ丘町会の市民から、「戸田公園駅まで乗り入れてほしい」との要望が寄せられている。駅まで乗り入れるよう、路線の変更を行うべきではないか
2.青年雇用対策について
 (1)戸田市地域職業相談室で、6月から始める「若年者職業相談」は、どのように取り組まれるのか
 (2)今、全国で青年層のネットカフェ難民や、ワーキングプアなどの不安定雇用の広がりが、大きな社会問題となっている。本市においても、市内の青年の雇用実態について調査すべきではないか
3.分煙室設置について
 (1)戸田公園駅を初めとする、戸田市内3駅に分煙室を設置すべきではないか
市長
担当部長
11 望月 久晴
日本共産党

会議録を表示
1.ララガーデン川口、スーパー銭湯建設に伴う交通安全対策について
 (1)川口金属にできる、ショッピングセンター「ララガーデン」の計画概要は
 (2)前澤化成跡地に建設が予定されている、スーパー銭湯の計画の概要は
 (3)交通量の増大が予測されるが、市はどのような交通安全対策を考えているのか
市長
担当部長
  平成19年6月18日【一般質問】
12 岡嵜郁子
日本共産党

会議録を表示
1.高齢者福祉について
 (1)公衆浴場福祉入浴券の利用対象浴場を拡大してはどうか
 (2)医療的措置が必要な方の特養ホーム入所枠拡大について、どのように考えるか
 (3)国の医療制度「改革」により、療養病床の大幅な縮小・廃止が予定されている。実態把握や市としての対応はどうなっているか
2.家賃助成について
 (1)母子・障害者・高齢者の家賃助成は「住みかえ」という要件を外してはどうか
市長
担当部長
13 神谷雄三
公明党

会議録を表示
1.「光」を生かしたにぎわいづくり
 (1)景観形成を静的なものとすれば、季節の移ろい、闇を含んだ夜と明るい昼との落差、変化は動的。これを生かすには、「灯」「光」が効果的。光を生かして、まずは後谷公園を手始めに、光によるにぎわいづくりをしてはどうか
2.サイクルシティーを目指そう
 (1)戸田は平坦な町。これほどの都市は珍しい部類。サイクルシティーを目指すには、好条件を備えている。前面に打ち出してはどうか
 (2)例えば、環境空間をもっと自転車走行を意識した整備を
 (3)歩道についても、自転車走行空間を設けてはどうか
3.tocoバス東循環の2系統化
 (1)東循環を2系統にし、コミュニティバス路線からの遠隔地をなくすとともに、1周運行経路の効率化を図ってはどうか
市長
担当部長
14 浅井隆夫
志政クラブ

会議録を表示
1.公共建物の維持管理について
 市民の大きな財産である、公共建物については、風水害や地震など災害時の避難所となることから、市民が安心して暮らせるような維持管理をすべきであると考え、以前にも一般質問をさせていただきました。
 そのとき、執行部としても維持管理の重要性について十分理解し、認識していると答弁がありましたが、その後の状況についてお伺いいたします
 (1)建築・設備台帳の整備状況について
 (2)維持保全計画書並びにライフサイクル計画について
 (3)市有建物の実態について
市長
担当部長
15 花井 伸子
日本共産党

会議録を表示
1.アスベスト対策について
 (1)市内小中学校のアスベスト調査について
  @いつ、どのような調査方法で実施されてきたのか
  A調査結果と報告書は
  B除去工事はどのように行われてきたのか
  Cアスベスト診断士等専門家による再調査を実施すべきではないか
 (2)1987年に実施された喜沢小校舎のアスベスト除去工事について
  @除去に至るまでの状況、除去工事について詳細に調査し、結果報告を公開すること
  A市は当時在籍した児童、在籍した教職員への健康被害を責任持って調査すること
 (3)アスベスト被害者に対して、公務災害補償・労務災害補償などの補償認可を関係機関に強力に要請すること
 (4)庁内にアスベスト対策に専門的に対処する専門部署を至急設置すること
2.子供医療費無料化の年齢拡大について
 (1)就学後の子供医療費の無料化を段階的に実施すること
市長
教育長
担当部長
16 菅原文仁
平成会

会議録を表示
1.自治体コンプライアンス
 (1)不当要求、行政対象暴力などに関する本市の対応策について
 (2)内部告発者の保護について
市長
担当部長
 平成19年 3月定例会(第2回)
  平成19年3月2日【総括質問】
1 秋元 良夫
平成会

会議録を表示
1.平成19年度施政方針について
 (1)各自治体の真価が問われる「自主財源の確保」に向けての取り組みについて伺います
 (2)国の税制改革は、長期的な視点に立つと、本市の財政運営面にどう影響するとお考えか、伺います
 (3)土地開発公社を含む債務の削減にどう取り組まれるのか伺います
 (4)産業振興策として、企業誘致について積極的に検討すべき時期と思いますが、お考えを伺います
 (5)2007年問題が本市の行政運営に多くの影響を与えるが、いかに健全な財政運営を堅持していかれるのか伺います
 (6)「新戸田市障害者計画」の見直しは、障害者に対する就労支援を重点施策の一つに掲げていただくとともに、生活保護受給者に対しても自立のための就労指導を強化する必要があると考えますが、御見解を伺います
2 石井 民雄
志政クラブ

会議録を表示
平成19年度市長施政方針の内容から
1.市政運営の基本について
 (1)災害や犯罪に強い、安全・安心のまちづくりについて
 (2)安心して子育てできるまちづくりについて
 (3)水と緑輝く快適なまちづくりについて
 (4)効率的・効果的な行政運営について
2.平成19年度予算編成方針について
 (1)国が進める三位一体の改革に伴い示された「経済財政運営と構造改革に関する基本方針2006」の内容による本市への関連性について
 (2)経常経費の各部の柔軟な予算配分についてのメリットは。また、18年8月に政策プレゼンテーションが行われているが、それが、どのように平成19年度予算に反映されているか
 (3)平成19年2月22日付の、各報道機関による日銀が利上げを発表したと報じている関係について、本市における地方債利子に、どのような影響があるかを尋ねる
3.平成19年度の主な施策
 (1)子育て支援について
 (2)高齢者福祉について
 (3)国民健康保険事業について
 (4)学校教育全般について
 (5)防犯対策について
3 奥田実
公明党

会議録を表示
1.「はじめに」の
 (1)「住んでよかった。これからも住み続けたい。」まちと選ばれるまちについて
2.基本方針から
 (1)「教育のまち戸田」の実現について
 (2)効率的・効果的な行政運営と2007年問題
3.主な施策から
 (1)親子ふれあい広場について
 (2)総合型地域スポーツクラブについて
 (3)平成20年のインターハイ開催について
 (4)屋上緑化について
 (5)マンホールを利用した仮設トイレについて
 (6)制度融資の利用数増加について
 (7)新曽中央地区整備の今後の方向について
 (8)高度地区の考え方について
 (9)パブリック・コメント制度の現状について
4 望月 久晴
日本共産党

会議録を表示
1.社会不安の増大にどう対応するのか
 (1)住民税増税の影響について
 (2)国保税、介護保険料の値上げによる影響は。国保税値上げ撤回と介護保険料引き下げを
 (3)非課税から課税になった市民への各種サービスへの影響は
 (4)「貧困と拡差」の要因となっている雇用問題にどう取り組むか
2.地方分権改革推進法による戸田市への影響は
3.平成19年度戸田市の財政運営について
4.子育て支援について
 (1)公立保育園の指定管理者化計画の中止を
 (2)乳幼児医療費無料化の年齢拡大を
5.教育行政について
 (1)「改正」教育基本法をどう受けとめているか
 (2)二学期制と夏休み短縮について方針が示されていないが、問題点は解消されたのか
6.災害対策について
 (1)民間住宅の耐震化対策を抜本的強化をすべきではないか
 (2)都市型集中豪雨対策の強化を
5 馬場 栄一郎
民主クラブ

会議録を表示
1.市政運営の基本方針
 (1)安心して子育てできるまちづくりについて
  @「戸田市子ども教育ビジョン 戸田市小・中学校教育プラン」の進行状況や成果の把握を実施し、プランの見直しは
 (2)効率的・効果的な行政経営の推進について
  @管理運営してきた指定管理者に対する対応
  A外郭団体の経営改革
2.平成19年度の主な施策
 (1)教育環境の整備
  @学校施設の耐震化
  A教室不足対策
  B学校給食
 (2)企業集積
  平成19年3月5日【質疑】
1 鈴木麗子
公明党

会議録を表示
◇議案第13号 新曽ポンプ場更新工事請負契約について
 (1)初の技術提案、設計、施工方式とは
 (2)初の技術提案、設計、施工方式導入の理由
 (3)調査基準価格とは
 (4)概算工事費との差は、どこから出てくるのか
 (5)技術評価点とは
 (6)評価値とは
 (7)技術評価点と評価値の差は、どこから出てくるのか
 (8)この入札金額でできるのか
2 三浦 芳一
公明党

会議録を表示
◇議案第27号 平成19年度戸田市一般会計予算 歳出
1.款2総務費、項1総務管理費、目1一般管理費、事業8契約事務費、埼玉県電子入札共同システム
 (1)システムの概要は
 (2)談合防止は、どの段階で、どのように効果を発揮すると期待されるのか
 (3)抜け道があるとすれば、どのようなことが考えられるか
3 手塚 静枝
公明党

会議録を表示
◇議案第27号 平成19年度戸田市一般会計予算 歳出
1.款2総務費、項1総務管理費、目7企画費、事業1企画事務費、市民満足度調査業務
 (1)調査方法の概要
 (2)満足度をはかることは難しいだろうが、どんな指標を考えているのか
2.款2総務費、項1総務管理費、目13行政振興費、事業2男女共同参画推進事業、男女共同参画市民意識調査
 (1)調査の概要と期待するもの
 (2)ことばからイメージするものに幅がある。ことばの定義をクリアにさせるに、どんな考えを持っているか
4 榎本 守明
志政クラブ

会議録を表示
◇議案第27号 平成19年度戸田市一般会計予算 歳出
1.款2総務費、項1総務管理費、目7企画費、事業1企画事務費、節13委託料の市民満足度調査業務について
 (1)調査内容は
 (2)調査内容を市民にどのように反映するのか
5 岡嵜郁子
日本共産党

会議録を表示
◇議案第27号 平成19年度戸田市一般会計予算 歳出
1.款3民生費、項1社会福祉費、目10福祉企画費、事業1福祉企画事務費、福祉関連施設再整備基本計画
 (1)パブリック・コメントの内容は
 (2)障害者グループホームや高齢者特養ホームも計画を予定しているのか
 (3)基本計画策定のスケジュールは
6 花井 伸子
日本共産党

会議録を表示
◇議案第27号 平成19年度戸田市一般会計予算 歳出
1.款3民生費、項2児童福祉費、目1児童福祉総務費、事業6保育園事務費、第三者評価について
 (1)平成18年度第三者評価制度の意義は十分達成されたと考えるか
 (2)第三者評価制度の必要性を、どう考えるか
 (3)第三者評価制度のデメリットはないのか
 (4)平成19年度、新たに3園での実施委託費が計上されているが、全園で行う考えか
7 三浦 芳一
公明党

会議録を表示
◇議案第27号 平成19年度戸田市一般会計予算 歳出
1.款4衛生費、項1保健衛生費、目3成人保健事業費、事業2基本健康診査等事業、65歳未満個別基本健康診査等
 (1)何人分を予定しているのか
 (2)対象者の何%か
 (3)オーバーしたときの対応はどうするのか
8 三浦 芳一
公明党

会議録を表示
◇議案第27号 平成19年度戸田市一般会計予算 歳出
1.款9消防費、項1消防費、目4防災費、事業2防災事業
 (1)住民地域防災計画等作成業務について
9 榎本 守明
志政クラブ

会議録を表示
◇議案第27号 平成19年度戸田市一般会計予算 歳出
1.款10教育費、項4社会教育費、目6こどもの国運営費、事業2こどもの国管理運営費、節15工事請負費
 (1)児童館アスベスト除去について
  平成19年3月7日【一般質問】
1 斎藤 直子
平成会

会議録を表示
1.空き店舗活用方法について
 (1)昨年11月から1月末まで実験的に行われた「誰でもアンテナショップ」についてどのように活用され、その結果どのような成果がでたか
2.がん対策の充実について
 (1)「がん対策基本法」が成立し、4月1日より施行となるが、どのような対策を考えているのか
 (2)乳がん検診への関心が高くなっているようだが、現状はどうか。また、検診の結果、発見された状況についてはどうなのか。また、死亡率は戸田市でも増加傾向なのか
市長
担当部長
2 熊木 照明
志政クラブ

会議録を表示
1.青少年の居場所づくりについて
 (1)今年1月、特に中高生のための居場所としてオープンした「青少年の広場」、愛称「とちのき広場」の利用状況は
 (2)今後、他の場所で同様の施設を整備する予定は
 (3)屋内の青少年の居場所づくりの整備は
2.市職員の飲酒運転防止策について
 (1)飲酒による懲戒処分などの基準は
 (2)基準があるとすれば近隣市との比較はどうであるのか
 (3)本市における実態は
 (4)今後の防止策・周知徹底はどのように考えているか
 (5)市の学校教職員及び消防職員における防止策・周知徹底はどのように考えているか
市長
担当部長
3 栗原 隆司
志政クラブ

会議録を表示
1.本市の魅力づくりについて
 (1)平成19年度予算編成において、本市の魅力づくりについて、特に政策または事業に反映しているところはあるか。また、今後、魅力づくりにおいて、どのような施策を考えているか
 (2)本市の地域ブランドの一つとして漕艇場があるが、2016年夏季オリンピックの国内候補地が東京都に決定し、2度目の東京オリンピック実現に向けて、さまざまな招致運動を行っている。そこで、漕艇競技会場(現在、東京湾中央防波堤外側と計画されているが)に向けて、本市の施策として誘致を行ったか。また、今後、積極的に誘致活動を行う考えはあるか
 (3)現在、新曽土地区画整理事業が進み、事業中の地域の街並みが日々変わりつつあるが、今後、いわゆる高級住宅街というようなグレードの高い街並み形成をつくっていく考えはないか
2.地域防災のかなめ、消防団の体制整備について
 (1)本市消防団の現状をどう分析しているか
 (2)消防団OBによる特別消防団員制度や、災害時の救助など特定の活動に限って参加する機能別団員制度の導入の考えはあるか
 (3)新入職員採用時に、地域枠において職員に消防団入団の義務付け採用はできないか
市長
担当部長
4 神谷雄三
公明党

会議録を表示
1.人口増への対応について
 (1)人口増は税収にはプラスに働くが、市は都市基盤整備への対応が求められる。教育施設や子育て施設の整備は、十分に備えがあるとは言えない状況にある。開発行政にあって、抑制的に誘導することが求められているのではないか。今後の対応のありようを問う
2.マンション対策について
 議員団として区分所有法に基づく集合住宅のアンケートを行った。
 (1)管理組合向けの相談窓口を設ける段階にあるのではないか
 (2)マンション敷地ないしエントランスと公道間のバリアフリー化等に補助を考えてはどうか
 (3)入居者の高齢化、独居化が進む。民生的な対応も視野におさめていくときではないか
3.交通安全施設について
 (1)待ち時間表示機の増設を進めよ
市長
担当部長
5 鈴木麗子
公明党

会議録を表示
1.自転車利用安全対策について
 (1)自転車での通園・通所する子どもに、幼児用ヘルメット着用の義務化についての考えは
 (2)幼児用ヘルメット普及に向けた、企業との連携による行政支援についての考えは
 (3)高齢者や戸田市駐輪場利用登録者等を対象とした、きめの細かい安全教室の開催で、マナーとルールの向上を図れないか
 (4)安全運転に必要な身体能力、運動能力測定の機会を提供し、高齢者自身の体力に見合う自転車利用を啓発してはどうか
2.生活道路の安全対策について
 (1)川口市の保育園児死傷事故を受け、市内での予防対策はどうか
 (2)歩道未整備の通学路を中心に、地域市民の協力によるカラーコーン利用の通学レーン確保を行ってはどうか
 (3)生活道路を人優先のコミュニティー道路を視点とした道路整備の推進について伺う
市長
担当部長
  平成19年3月8日【一般質問】
6 馬場 栄一郎
民主クラブ

会議録を表示
1.団塊世代の退職者について
 (1)活用するための取り組みは
 (2)就労、地域参加に対する支援は
2.水道事業について
 (1)未収金の状況と対策
 (2)県水の料金動向と水道料金の値上げ
3.起業支援について
 (1)起業支援センター(オレンジキューブ)の利用状況と、新産業振興事業目的としての成果は
 (2)起業支援を進める上での課題は
 (3)今後の起業支援策は
市長
担当部長
7 本田 哲
日本共産党

会議録を表示
1.「青少年の広場」について
 (1)1月にオープンした「青少年の広場」は、週末を中心に多くの小中学生や家族が利用していますが、広場内の設備増設、改善の要望が出されています。対応すべきではないか
 (2)広場周辺住民以外の利用者も多く、市内全域での設置が求められている。今後、計画的に増設していくべきではないか
 @小学校区ごとに広場を
 A雨の日でも利用できる屋内型の広場を
2.福祉サービスについて
 (1)蕨市で取り組まれている、70歳以上で低所得世帯の方への「福祉理美容サービス」を、戸田市でも実施すべきではないか
3.市内の橋の改善・拡幅について
 (1)本村橋南側の歩道設置における調査・検討について
 (2)一本橋、眼鏡橋の拡幅の検討について
市長
担当部長
8 手塚 静枝
公明党

会議録を表示
1.高齢者基本健診に聴力健診の追加を
 (1)「高齢者の約3割は難聴」と指摘されている。高齢者の難聴を放置しておくと、周囲の人とのコミュニケーションがうまくいかなくなり、孤立や閉じこもり、さらには認知症などの要因にもなると言われている。
 そこで、従来の高齢者基本健診に、簡易発信器を使った聴力検診を追加し、難聴の早期発見をすべきと思うが、いかがか。難聴の早期発見と適切な治療により、高齢者の生活や社会参加、ひいては介護・医療費の抑制につながる。市は、積極的に実施に向け、取り組むべきと思うが、いかがか
2.妊産婦無料健診の拡大について
 (1)少子化対策の一環として厚労省は、胎児の母親の健康状態を診断する妊婦健診について、国負担の無料健診回数を、原則2回から、5回以上に拡大することに決めた。平成19年度中の実施を目指し、同事業への予算が拡充されている。
 既に、国の助成を大幅に上回って実施している自治体も多くあるが、本市は、この通告を受けて、どのように取り組むのか。回数や給付の方法など、お考えを伺いたい
3.妊産婦応援グッズの作成について
 (1)現在、配布しているマタニティストラップを、全国共通のデザインにするかを検討していくとしていたが、その検討結果は、どうなったのか。また、使用度、認知度も低いようだが、工夫すべき点があるのではないか
 (2)妊産婦さんが少しでも安心してマタニティライフが送れるように支援する応援グッズとして、目につきやすく、使い勝手のよい携帯ストラップや車用サインを作成してはどうか
市長
担当部長
9 高橋 秀樹
民主クラブ

会議録を表示
1.教育基本法の改正に伴う教育行政の対応について
 (1)教育目標の「情操と道徳心を培う」や「我が国と郷土を愛する」等において、教師の指導力に問題はないか
 (2)家庭教育が重視されているが、学校として、保護者への指導も行う考えはあるか
 (3)体系的な教育が組織的に行われるとあるが、現在の教育との違いは
2.小学校給食の単独調理方式と給食センターの建てかえについて
 (1)小学校給食の単独調理方式は当初の計画より高く、検討すべきと思うが。地域別給食センター方式を検討すべきではないか
 (2)給食センターの建替えと小学校、中学校の地域別給食センター方式も含め検討してはどうか
3.スポーツセンターの第2競技場の貸し出しについて
 (1)スポーツセンターの土、日曜日等の第1競技場は利用者が多く、利用できない状況にある。第2競技場の貸し出しを現在行っていないが、貸し出しはできないか
 (2)スポーツセンターの自主事業として利用されているようであるが、公共の施設であり、一般への開放がないのは好ましくないのではないか
 (3)自主事業であれば、継続しての利用は可能か
市長
教育長
担当部長
先頭へ前へ282930313233343536 次へ  最後へ登録件数 1839 件    

Copyright © Toda City. All rights reserved.