このページの本文へ移動

現在位置 :トップページ › 質問通告

質問通告

(*は現職を表す)
 詳細検索
先頭へ前へ242526272829303132 次へ  最後へ登録件数 2001 件    
順序 質問者 発言事項 答弁者
 平成22年12月定例会(第4回)
  平成22年12月7日【一般質問】
8 望月 久晴
日本共産党

会議録を表示
録画配信を表示
1.国の平成22年度補正予算に対する本市の対応について
 (1)円高・デフレ対応のための緊急総合経済対策。
 (2)ストック活用型住宅セーフティネット整備推進事業。
 (3)住宅・建築物の耐震化緊急支援事業。
 (4)地域商業活性化事業。
2.電気自動車の普及対策について
 (1)電気自動車の本格的普及の時期を迎えようとしているが本市の対応は。
3.納骨堂の整備について
 (1)市民の納骨の現状。
 (2)市が援助して納骨堂の整備ができないか。
4.来年度予算編成について
 (1)各税の税収見込み額、その他の歳入見込み額。
 (2)予算編成方針。
 (3)重点施策。
 (4)枠配分。
市長
担当部長
9 三浦 芳一
公明党

会議録を表示
録画配信を表示
1.読書活動の推進について
 (1)医療保健センター、保育園、小中学校、家読など本市の読書活動の取り組み状況について。
 (2)本市の地域別、世代別の図書館利用者数の推移について。
 (3)電子書籍の整備で24時間365日いつでも、図書館に行かなくてもインターネットで貸し出し・返却ができるWeb図書館の導入を図れないか。
2.がん検診の推進について
 (1)がん撲滅は早期発見が大事である。しかし「がん検診のお知らせ」には、胃がんや肺がん、乳がんなどの検診はあるが「前立腺がん」が抜けている。また、がん検診推進のためにさまざまな支援策があるが、男性特有の前立腺がん検診には何もない。最近の傾向として、前立腺がんは大腸がんとともにふえている。検診推進と何らかの助成を考えていただきたいと思うがいかがか。
3.私道の照明灯について
 (1)本市には暗くて危険な私道が少なくない。安全・安心な生活確保のためにも、私道への照明灯設置に、ぜひ補助金を出すべきと考えるがいかがか。
市長
教育長
担当部長
10 本田 哲
日本共産党

会議録を表示
録画配信を表示
1.戸田橋花火大会の運営について
 (1)戸田橋花火大会は、4年前から有料指定席を設けている。この4年間の有料指定席の販売実績はどうなっているか。
 (2)有料指定席を設けたことで、実行委員会には新たな収益となっているわけだが、この収益を活用し、有料指定席の金額を安くするなどの還元を行うべきではないか。
 (3)戸田橋花火大会実施においては毎年、通行規制を行って安全対策に取り組んでいる。しかし、この通行規制に対して、「通行許可証」を発行してほしいなどの要望も毎年出ている。関係機関と協議し、「通行許可証」の発行を実施していくべきではないか。
2.市県民税の減免申請について
 (1)市は、市県民税の減免申請を受け付ける際に、同居者がいる者に対し、「同意書」の提出を求めている。「同意書」は、市が同居者の財産調査等を行うことに対して同意を求めるものとなっている。個々人に課せられる市県民税の減免申請において、同居者の財産調査等を行うことへの同意を求める「同意書」の提出は必要ないと考える。「同意書」の提出の求めはやめるべきではないか。
市長
担当部長
11 鈴木麗子
公明党

会議録を表示
録画配信を表示
1.企業の情報発信支援について
 (1)市内企業の情報発信支援として下記の取り組みについて伺う。
  @動画を取り入れた魅力ある企業ホームページ作成やYouTube等共有動画サイト利用への技術支援についてはどうか。
  ATBIC(戸田市ビジネスインフォメーションコーナー)での企業情報発信の取り組みはどうか。
  B戸田市のホームページに市内企業製品のPRサイトを開き、市内外への情報発信に利用してはどうか。
2.中学オリエンテーション合宿導入について
 (1)中1ギャップに配慮し、初年次教育の視点から、オリエンテーション合宿を中学入学直後に導入することで、新たな集団形成と仲間づくり環境を育ててはどうか。
3.新学習指導要領実施の対応について
 (1)新学習指導要領への移行期間を経て、平成23年度から小学校、24年度から中学校と順次全面実施となるが、標準授業時数の確保についてはどうか。
市長
教育長
担当部長
11 鈴木麗子
公明党

会議録を表示
録画配信を表示
録画配信の続き 市長
教育長
担当部長
12 酒井 郁郎
平成会

会議録を表示
録画配信を表示
1.米飯給食について
 (1)米飯給食のさらなる推進に向けた取り組みを行ってはどうか。
2.ごみの収集について
 (1)粗大ごみ収集に対する考え方。
 (2)粗大ごみ持ち込み無料制度の廃止に対する考え方。
 (3)まごころ収集について。
3.指定管理者制度について
 (1)今後のあり方について。
4.上下水道事業について
 (1)施設更新について。
 (2)今後のあり方について。
市長
教育長
担当部長
  平成22年12月8日【一般質問】
13 伊東 秀浩
平成会

会議録を表示
録画配信を表示
1.青少年の居場所と中町多目的広場整備について
 (1)青少年の居場所について、どのようにとらえているか。
 (2)青少年の居場所づくりの取り組みについて。
 (3)「青少年の広場」通称「とちのき広場」の設置、運営、管理、利用状況について。
 (4)中町多目的広場の理解を進めるため、これまでの経過と現状について。
 (5)中町多目的広場への地域の方々からの要望について、どのようなものが出されているか。また、課題の整理状況について。
 (6)来年度予算編成の時期が来ているが、どのような整備方針を持っているか。
市長
担当部長
14 細井幸雄
平成会

会議録を表示
録画配信を表示
1.財産活用について
 (1)文化会館駐車場について。
 (2)旧市役所跡地(ふれあい広場)について。
2.国際交流事業について
 (1)国際交流事業の意義とその進展について。
3.警察関連行政について
 (1)埼玉県警察が持っている町会・自治会、及びその活動に対する認識について。
 (2)蕨警察署との協力・連携について。
市長
担当部長
15 栗原 隆司
志政クラブ

会議録を表示
録画配信を表示
1.スポーツセンターの駐車場について
 (1)現在の駐車場の利用状況について、また、今後土地区画整理事業進捗に伴い、臨時駐車場がさらに減少した場合、駐車場確保の計画はなされているのか。
2.道路行政について
 (1)現在の歩道整備状況と今後の歩道整備はどのような計画があるのか。
市長
担当部長
15 栗原 隆司
志政クラブ

会議録を表示
録画配信を表示
録画配信の続き 市長
担当部長
16 召田厚
志政クラブ

会議録を表示
録画配信を表示
1.高齢者を中心とした施設整備について
 (1)健康増進のため、ジョギング用舗装を施したジョギングコースをつくってはどうか。
 (2)高齢者の居場所づくりとして、各公共施設ロビーホールを開放し、自由に利用できるようにしてはどうか。
 (3)元気な高齢者が、安全に安心して運動できるよう、ネットを張った広場をつくってはどうか。
市長
担当部長
17 花井 伸子
日本共産党

会議録を表示
録画配信を表示
1.こども医療費無料化の充実について
 (1)神保市長はマニュフェストで平成25年までに、こども医療費を中学卒業まで無料にするとしているが、その具体的なスケジュールは。
 (2)中学卒業までの医療費無料化は早期に実施すべき。
2.国保一部負担金の減免について
 (1)厚生労働省は9月13日に各都道府県宛に「一部負担金の徴収猶予及び減免並びに療養取扱機関の一部負担金の取扱いについての一部改正について」と改正に伴うQ&Aを通知した。戸田市における実施基準及び開始時期、並びに周知方法は。
3.子宮頸がんワクチン・ヒブワクチン・肺炎球菌ワクチンの実施について
 (1)子宮頸がんワクチン・ヒブワクチン・肺炎球菌ワクチン、3つのワクチンの助成が国で予算化された。戸田市における来年度実施についての具体的検討状況は。
市長
担当部長
17 花井 伸子
日本共産党

会議録を表示
録画配信を表示
録画配信の続き 市長
担当部長
18 菅原文仁
無所属

会議録を表示
録画配信を表示
1.いじめ、不登校対策について
 (1)いじめ、不登校の対策は、各関係者の不断の努力によってのみ改善するものであり、いささかも手を緩めてはならない。議会も本年2月議会に「ネットいじめ根絶に関する決議」を行い、意見書を提出した。これまでの取り組みと対策を伺う。
  @決議、意見書を受けてのいじめ対策について。
  A市内小中学校の不登校児童生徒の数と出現率の推移、要因、指導、今後の取り組みについて。
2.河川行政について
 (1)河川は公共用物であり、洪水の防止、環境の保全、その他の公共の福祉に資する観点により管理されなければならないが、近年はその支障のない範囲で利活用、管理が促されている。
  @規制緩和により、河川敷地占用許可準則が改定される予定だが、荒川、笹目川、菖蒲川、上戸田川、さくら川の河川敷を利活用できないか。
  A市は上戸田川、さくら川の河川管理者だが、河川管理のルールについては定めていない。今後の取り組みについて伺う。
3.治水行政について
 (1)内水の氾濫を防止するためには、雨水をさまざまな方法で治水し、流出抑制する必要がある。現在、本市は貯留施設の助成を行っているが、浸透ますやトレンチ、透水性のインターロッキングブロックなどの普及を行うなど、総合的な対策を行うことはできないか。
4.フィルムコミッションについて
 (1)シティセールスの観点から、昨年3月議会の一般質問の場でフィルムコミッションを提案したが、その後の取り組みはどうか。
5.規格外米について
 (1)今夏の異常高温により、県産ブランド米「彩のかがやき」を中心に規格外米が大量に発生し、甚大な被害が生じている。市としても何らかの支援を行うことはできないか。
6.自治体間連携について
 (1)分権による垂直調整とともに、重要になってくるのが自立した自治体同士の水平補完であり、連携である。今後のさまざまな広域的行政課題に対応するためには、より積極的な連携が望まれる。現在における認識と対策を伺う。
市長
教育長
担当部長
 平成22年9月定例会(第3回)
  平成22年9月6日【質疑】
1-1 菅原文仁
無所属

会議録を表示
◇認定第1号 平成21年度戸田市一般会計歳入歳出決算認定について
 款1市税、項1市民税、目1個人市民税、節1現年課税分、不納欠損処分について
 (1)現年課税分の計上を始めた理由。
 (2)件数、金額、内容。
 (3)今後の処分の方向性。
 款12分担金及び負担金、項1負担金、目1民生費負担金、節2児童福祉費負担金について
 (1)収入未済額の増加についての所感と今後の対策。
 (2)不納欠損処分の方向性。
 款13使用料及び手数料、項1使用料、目5土木使用料、節4住宅使用料について
 (1)収入未済額はどう処理されるのか。
 款20諸収入、項5給食事業収入、目1給食事業収入について
 (1)不納欠損額と収入未済額の合計が増加しているが、その所感と今後の対策。
88-2-1 酒井 郁郎
平成会

会議録を表示
◇議案第88号 平成22年度戸田市一般会計補正予算(第4号)
 款2総務費、項3戸籍住民基本台帳費、目1戸籍住民基本台帳費、事業3住民基本台帳費、節13委託料、コンビニ交付システム構築について
 (1)利用見込み件数の推計。
 (2)既存の方法により発行した場合とのコスト比較。市役所窓口、駅前行政センター窓口、自動交付機などと比較した、発行1件当たりのコスト推計。
88-2-2 本田 哲
日本共産党

会議録を表示
◇議案第88号 平成22年度戸田市一般会計補正予算(第4号)
 款2総務費、項1総務管理費、目12交通対策費、事業1交通対策事務費、節19負担金、補助及び交付金の公共バス運行維持対策について
 (1)今回の補助金の算出根拠は。
 (2)来年1月16日から2月28日までの44日分の運行補助とのことだが、来年度の運行については、どのような話し合いがされているか。
88-2-3 冨岡節子
民主党

会議録を表示
◇議案第88号 平成22年度戸田市一般会計補正予算(第4号)
 款2総務費、項3戸籍住民基本台帳費、目1戸籍住民基本台帳費、事業3住民基本台帳費、節13委託料のコンビニ交付システム構築について
 (1)コンビニ交付に対する需要はどのくらいあるのか。
 (2)コンビニ交付の年間維持費は幾らか。
 (3)住民基本台帳カードの普及に向けての取り組みは。
88-2-4 花井 伸子
日本共産党

会議録を表示
◇議案第88号 平成22年度戸田市一般会計補正予算(第4号)
 款2総務費、項1総務管理費、目23諸費、事業2防犯対策事業、節15工事請負費のパトロールステーション設置について
 (1)移設・設置の経過について
  平成22年9月8日【一般質問】
1 平野進
志政クラブ

会議録を表示
録画配信を表示
1.廃食油の再利用について
 (1)地球に優しい循環型社会を実現するために、家庭ごみの一つとして排出される廃食油(てんぷら油)を、貴重な資源として市民に理解を求め、目的、効果、使用方法、回収方法、安全性、メリット等を周知し、軽油の代替燃料(BDF――バイオディーゼル燃料)製造への取り組みを考えてみてはどうか。
2.信号機の設置について
 (1)子供たちの登下校の安全確保のため、笹目7丁目5、戸田コーポ付近の交差点に設置してはどうか。
市長
担当部長
2 三浦 芳一
公明党

会議録を表示
録画配信を表示
1.児童虐待防止対策について
 (1)虐待発生確認件数・通告数・警察、児童相談所への通報数の推移について(過去3年間)。
 (2)「新生児訪問事業」について、出生数と家庭訪問の実施数などの現状と課題、今後の進め方について。また、担当職員(専門職)のキャリアと人数については十分と考えているか。
 (3)「親子ふれあい広場事業」への参加数など、現状と課題について。
 (4)「産前産後支援ヘルプサービス事業」の訪問件数など現状と課題について。
 (5)総合的に今後の虐待防止策についての考えを伺う。
2.高齢者の見守り対策について
 (1)戸田市の65歳以上の総人数と所在不明者数。また、100歳以上の人数と、そのうち65歳以上の単独世帯数について。
 (2)過去3年間の孤独死の実態について。
 (3)緊急電話の設置数について。
 (4)本市では「地域福祉計画」を策定しているが、高齢者の孤立化防止や所在把握などについて、特にどんな施策に力点を置いていくのか。
 (5)民生委員や地域の元気高齢者の皆さんとの連携・協働で、見守り応援体制ができないか。元気高齢者の皆さんには、話し相手や、買い物などでお手伝いをいただき、何らかの特典が得られるなどの工夫ができないか。
市長
担当部長
3 中名生隆
公明党

会議録を表示
録画配信を表示
1.荒川の洪水対策のその後について
 (1)荒川水循環センター上部供用開始となった6号・8号施設への避難場所として、県との災害協定や地元との協議をどのようにされたのか伺います。
 (2)学校等公共施設、民間施設等との協議について伺います。
 (3)各町会との協議と対応策について。
2.健康長寿入浴事業について
 (1)「その制度発足時から出ている偏在性問題を含め、今後は先延ばしすることなく、高齢者を交えて検討する」との部長答弁は、その後どのように検討されたのか伺います。
 (2)平成20年9月議会での「理美容を含めて、今後、事業者などとも話し合いを持ちながら、方向性を見出していきたい」との答弁はどうなったのか伺います。
市長
担当部長
4 本田 哲
日本共産党

会議録を表示
録画配信を表示
1.視覚障がい者誘導用ブロック(点字ブロック)の設置促進について
 (1)現在、市内における視覚障がい者誘導用ブロックの設置状況と、今後の設置促進についての考えは。
 (2)視覚障がい者誘導用ブロックは、視覚障がい者の安全かつ快適な移動を支援するための大切な設備である。そこで次の点について早期の改善と設置を求める。
  @市内11カ所にある、交通弱者用押しボタン周辺に視覚障がい者誘導用ブロックの設置と交通弱者押しボタンまでの視覚障がい者誘導用ブロックの延長を。
  A市内3駅での統一した視覚障がい者誘導用ブロックの設置を。
  B市内公共施設へ誘導するための視覚障がい者誘導用ブロックの設置。また、市内公共施設において視覚障がい者誘導用ブロックが有効的に配置され、利用ができる状況になっているのかを確認し、必要とあれば早期改善を。
  C視覚障がい者誘導用ブロック設置におけるガイドラインの作成。
 (3)国道や県道での視覚障がい者誘導用ブロック状況はどのようになっているか。市から設置要望を上げたことなどはあるのか。また、今後は、どのような連携を図っていこうと考えているか。
2.tocoバス運賃の引き下げを
 (1)平成21年12月議会で、障がい者のtocoバス運賃の引き下げを要望した。「検討していきたい」と
の答弁であったが、その後どのような検討が行われてきたのか。
市長
担当部長
5 望月 久晴
日本共産党

会議録を表示
録画配信を表示
1.tocoバスの運行見直しについて
 (1)tocoバス東循環の見直しが東西2系統で行われているが、重複区間が多く、一方方向の運行になっている。一部区間を双方向にするなど、さらなる見直しはできないか。
2.環境対策について
 (1)平成21年9月議会一般質問で取り上げた、アスファルト製造工場の悪臭対策の進捗状況は。
3.国税局喜沢南寮の跡地利用について
 (1)平成24年3月で寮としての利用は終了するとのことであるが、戸田市として、公共施設用地として取得する考えはないか。
4.入札制度の改善について
 (1)ダンピング防止対策の強化を。
 (2)最低制限価格の決め方を、公正性、透明性のあるものに。
市長
担当部長
  平成22年9月9日【一般質問】
6 酒井 郁郎
平成会

会議録を表示
録画配信を表示
1.HPVワクチンについて
 HPVワクチン、いわゆる「子宮頸がんワクチン」に対する期待が高まる一方、接種においては課題も多いと思われる。社会の風潮に流されない適切な対応を求める見地から、次の各点について伺いたい。
 (1)効果について。
  @ワクチンの予防効果や持続年数に対する評価。
  A公費助成の検討が必要な他の予防接種との優先順位の根拠。
 (2)対象者の設定について。
  @接種対象者の年齢設定。
  A既感染者を接種対象者から除外する方法。
 (3)対象者への情報提供について。
  @ワクチンの危険性、効果の限界や子宮がん検診の必要性など、接種前に必要な情報の理解を確保するための方策。
  A性病予防や倫理観を含む、発展的な性教育の必要性と内容。
  B周知方法。
 (4)トラブルへの対応について。
  @薬害発生時や説明不足による不都合への対応。
  A責任の所在。
2.政治意識向上について
 (1)投票率向上について。
 (2)市政に対する関心の向上について。
市長
担当部長
7 斎藤 直子
平成会

会議録を表示
録画配信を表示
1.選挙の開票作業の効率化について
 (1)7月に行われた参議院選挙では、事業仕分けにより国の予算が削減され、市に交付される予算も削減。今回の選挙で工夫した点、また、これまで効率化に向け取り組んだ点について、人数や物、経費の推移がどうであったか。
 (2)今後、有権者数も増加すると予測される中、どのような体制を考えていかれるのか。
市長
担当部長
8 花井 伸子
日本共産党

会議録を表示
録画配信を表示
1.新曽中央地区まちづくりについて
 (1)新曽中央地区まちづくり整備計画(協議会案)と市の案との相違点は。
 (2)整備計画(市の案)の説明会で出された意見等を今後どのような形で検討するのか。
 (3)今後のスケジュールは。
 (4)総予算とその見通しは。
 (5)住民参加と対策は。
2.高齢者世帯にやさしいまちづくりについて
 (1)個々の実態を把握し、総合的な支援体制を整備することが求められている。現状と今後の計画は。
市長
担当部長
8 花井 伸子
日本共産党

会議録を表示
録画配信を表示
録画配信の続き 市長
担当部長
9 召田厚
志政クラブ

会議録を表示
録画配信を表示
1.荒川水循環センター上部利用について
 (1)一部供用開始から2カ月ほどたつが、平日、休日の利用状況、利用形態はどうなっているか。
 (2)費用対効果の観点から考える今後の計画は。
 (3)利用率を高めるため、外周の芝生敷きを利用して、パークゴルフ場を設置してはどうか。
2.戸田らしさについて
 (1)戸田市といえばボートというイメージがあるが、市民にとって身近であるとはいえない。市民がいつでも気軽に楽しめるようにしてはどうか。
 (2)漕艇場に行けばこんなこともできるというような場所を考えてはどうか。
市長
副市長
担当部長
10 鈴木麗子
公明党

会議録を表示
録画配信を表示
1.子宮頸がん予防と啓発体制について
 子宮頸がん予防のためのワクチン接種支援が全国的な広がりを見せている。ワクチン接種の推進や頸がん検診の受診率向上には、病気への理解と啓発が極めて重要と考える。
 (1)子宮頸がんへの理解と啓発に向けた体制について伺う。
 (2)HPV(ヒトパピローマウィルス)検査の導入について伺う。
  @成人式や婚姻届時にHPV検査の受診を促してはどうか。
  A郵送によるHPV検査も可能であるが、導入についてはどうか。
2.ユニバーサル化の推進について
 (1)後谷公園内の移動の円滑化について伺う。
  @遊歩道について。
  A手すりの設置について。
  B視覚障害者に向けた支援について。
 (2)市内主要交差点の横断歩道上への点字ブロックの設置について。
市長
担当部長
  平成22年9月10日【一般質問】
11 冨岡節子
民主党

会議録を表示
録画配信を表示
1.戸田公園駅前行政センターについて
 (1)一時預かり所の利用時間を午前中からにできないか。
 (2)駅から直接来訪できるので、セキュリティ−はなくてよいのか。
 (3)ビジネスインフォメーションコーナーは利用しにくいとの声があるが、いすを用意するなど明るく利用しやすくできないか。
 (4)利用者数が少ないのは、市民の認知度が低いからではないかと思われるが、電車から見えるようにするとか、もっと広める工夫はできないのか。
 (5)窓口の業務内容は、これからふえていくのか。
 (6)センターの南側の駐車スペースを障害者専用等、市民の利用しやすいようにできないか。
2.障害者や年配者の手続について
 (1)諸手続に来庁した際に、1つの窓口でできないか。
3.ICウオークについて
 (1)今年度のウオーキング大作戦は昨年と比べて、どれくらいふえているのか。
 (2)ICウオークについては検討されているのか。
4.中町多目的広場のトイレについて
 (1)利用者の不便さを思うと利用しやすいトイレにかえてもらえないのか。
5.戸田市の救急対応は
 (1)119番の内容に不安があった場合の救急対応は、どうしているのか。
6.給食費未収金はどのように対応するのか
 (1)給食費の未収金が多くなっているが、今後どのようにしていくのか。
市長
教育長
担当部長
12 神谷雄三
公明党

会議録を表示
録画配信を表示
1.環境行政について
 (1)「環境」という2文字に関係していれば、あたかもすべての行政課題に優先するかのようなあり方は、問題ではないのか。
 (2)資源分別に関する考え方が、経済ルールに陥ってはいないか。
2.教育委員会と給食行政について
 (1)新給食センター建設への内部体制に問題があったと考える。どう考えているか。
 (2)新給食センター調理業務は、今後長らく直営でいく可能性が高いが、長期運営方針を定める必要性がある。どうか。
 (3)単独調理校未整備小学校の方針は、第4次総合振興計画に盛られている内容で確認する。英断を評価する。関係校に積極的に説明を。
 (4)「給食」に過大な役割を負わせる点は、軌道修正したほうがよいのではないか。
市長
教育長
担当部長
12 神谷雄三
公明党

会議録を表示
録画配信を表示
録画配信の続き 市長
教育長
担当部長
13 菅原文仁
無所属

会議録を表示
録画配信を表示
1.公文書の管理について
 情報公開と公文書管理は車の両輪といわれる。公文書管理法が公布され、行政文書や歴史公文書の適切な保存と利用が求められている。
 (1)これまでの取り組みと成果。
 (2)適正で効率的な公文書管理を担保し、コンプライアンスを保つために、公文書の扱いに関する条例もしくは規則を制定してはどうか。
2.会議と資料の情報公開について
 庁議や教育委員会会議は、ともに執行機関の最高会議である。昨今は、意思決定の透明性を図る意義から、これらの会議の公開や資料公開に取り組んでいる自治体も少なくない。
 (1)庁議や庁議資料を公開してはどうか。
 (2)教育委員会会議の資料を公開してはどうか。
3.行政財産の使用許可について
 (1)市内の公共施設には、多くの自動販売機が設置されている。契約方式を見直すことによって収入を増加させることができないか。
市長
教育長
担当部長
 平成22年6月定例会(第2回)
  平成22年6月10日【質疑】
67-1 中名生隆
公明党

会議録を表示
録画配信を表示
◇議案第67号〜同第74号
 (1)一抜け方式は検討されなかったのか。
 (2)失格業者が多い傾向をどう見るか。
67-2 望月 久晴
日本共産党

会議録を表示
録画配信を表示
◇議案第67号〜同第74号
 (1)同じ企業が落札しているが、最低制限価格はどのように決めているのか。
 (2)失格が多くあるが、これをどう考えているか。
76-1 三浦 芳一
公明党

会議録を表示
録画配信を表示
◇議案第76号 平成22年度戸田市一般会計補正予算(第3号)
 款15県支出金 項2県補助金 目2民生費県補助金 節1社会福祉費補助金 説明23緊急雇用創出事業臨時特例交付金
 (1)国庫支出金の住宅手当緊急特別措置事業の1855万6,000円が、緊急雇用創出事業臨時特例交付金2292万9,000円につけかえられ、県補助金として交付されるが、その内訳とそれはどんな事業に使えるのか。
 (2)その差額(増額)の理由は何か。また、何に使えるのか。
 (3)その対象者をどのように特定するのか。
  平成22年6月11日【一般質問】
1 平野進
志政クラブ

会議録を表示
録画配信を表示
1.荒川水循環センターの上部利用について
 (1)7月部分開園までの準備状況について、トイレ、駐車場、芝や植栽の生育、出入り口周辺及びトンネルや道路の整備、案内標示、管理方法、利用規則等々についてはどのようになっているのか。
 (2)地元の美女木まちづくり協議会、笹目地区環境対策協議会に対し、今までに提案されたさまざまな意見を、開園するまでに具体的な回答をフィードバックした上での開園なのか。
 (3)環境空間有効(暫定)活用計画に、貸菜園ソラドファーム戸田「東邦レオ株式会社」がスタートしたが、上部利用に導入できないか。
2.自転車の活用について
 (1)彩湖・道満グリーンパークにサイクリングコースの設定を、出前講座メニューに自転車での健康法、マナー、交通ルールなどを学べる内容を加えてみてはいかがか。
3.笹目小学校体育館床板の修復について
 (1)特に素足での競技(剣道)団体が、子供たちのけがに悩まされているので、床板の全面修復はできないか。
市長
担当部長
2 遠藤 英樹
平成会

会議録を表示
録画配信を表示
1.自治基本条例について
 (1)現状はどうなっているか。
 (2)議会や市民との共同のプロジェクトチームの設置についてどう考えるか。
2.子ども手当について
 (1)今月から子ども手当の支給が始まった。実際の支給事務を担当する自治体では、さまざまなトラブルが予想されている。事務を行う体制、想定される問題への対応はどのようになっているか。また、現時点で問題は生じていないか。
市長
担当部長
3 菅原文仁
無所属

会議録を表示
録画配信を表示
1.子ども手当について
 (1)国外に住む外国人の子供への支給の詳細を伺う。
 (2)不正受給を防ぐためにも厳正な事務を。
 (3)保育料、給食費などの滞納者に対する対策は。
 (4)寄附を積極的に生かし、政策をメニュー化してはどうか。
2.ポイ捨て等及び歩行喫煙をなくす条例について
 (1)条例施行から2年間の事業詳細と成果、市の自己評価を伺う。
 (2)副流煙対策、周知の徹底、ルールの厳格化など、事業の見直しを検討してはどうか。
 (3)防犯パトロール隊を歩行喫煙防止指導員として、巡回指導を委託してはどうか。
3.県からの分権について
 (1)埼玉県事務の権限移譲に対する市の姿勢を伺う。
 (2)移譲されていない15の事務について、さらに受け入れを検討してはどうか。
4.事務事業の民営化について
 (1)「提案型公共サービス民営化」の導入を検討してはどうか。
5.市の非常勤職員の処遇について
 (1)非常勤職員の均等待遇の確保に資する意味から、荒川区、千代田区、港区のような多層型給与制度を検討してはどうか。
6.埼京線3駅の安全性向上について
 (1)山手線などで順次導入が進むホームドア(柵)を埼京線プラットホームに設置するよう要望してはどうか。
市長
担当部長
4 斎藤 直子
平成会

会議録を表示
録画配信を表示
1.今後の高齢者施設整備について
 (1)平成17年より30年間の高齢者の増加率が全国10位と推定されていることから、高齢社会への対応が不可欠である。特に、特別養護老人ホームの待機者が900人を超える現状に対し、早急に施設整備が求められているが、具体的に計画は進められているのか。
市長
担当部長
5 神谷雄三
公明党

会議録を表示
録画配信を表示
1.歩道を中心とした道路整備について
 (1)マウントアップ式の歩道においては、歩車道段差の縮小が望まれる。車道のかさ上げができるところは、原則かさ上げするとの方針を決めて取り組んではどうか。
 (2)車止めの設置位置は、車止め効果が確保されれば、歩行者視点に立った位置とするように改めるべきであるがどうか。
 (3)原材料の見直しでコスト縮減を進め、予算額の中で整備距離を伸ばすようにしてはどうか。
2.図書館整備について
 (1)リクエスト制度もあるが、基本的には、あるものを借りていくということが基本的な運営。ここから一歩踏み込んだ工夫が求められているのではないか。利用者が欲しいと思っているものをそろえるという構えがあっていい。例えば闘病記を集約するとか、起業ものを集めるとか。
市長
教育長
担当部長
5 神谷雄三
公明党

会議録を表示
録画配信を表示
録画配信の続き 市長
教育長
担当部長
6 山崎 雅俊
平成会

会議録を表示
録画配信を表示
1.市内小中学校校庭芝生化について
 (1)本来の目的は何だったか。
 (2)現状の認識。
 (3)今後どう考えるか。
2.白田保養所の利用促進について
 (1)現在までの利用状況。
 (2)市民利用率向上策について。
市長
教育長
担当部長
  平成22年6月14日【一般質問】
7 鈴木麗子
公明党

会議録を表示
録画配信を表示
1.介護家族への支援
 (1)居宅介護が始まる初期段階において、受け入れ家族に向けた介護力アップのための支援を行ってはどうか。
  @介護度に合わせた基礎プログラムの作成と介護受け入れ家族に向けた技術指導の実施について。
  A居宅介護者への介護情報に関するDVD・ビデオ等の提供について。
2.消費生活相談窓口の拡充
 (1)仕事のため、日中窓口に来られない方に向けた、夜間や土日の相談窓口の開設について。
 (2)消費生活相談件数の推移と今後への考察は。
3.予防医療
 (1)日本脳炎予防ワクチン接種が開始されているが、今回の接種対象から外され、「積極的な接種勧奨を行わなかった期間」に接種年齢を迎えた子供たちへの対応はどうか。
  @未接種者の年齢別児童数。
  A今回の接種対象から外された理由は。
  B未接種で対象外児童や家族への対応は。
  C日本脳炎患者における全国と関東地域での発生状況。
4.高齢者支援
 (1)情報提供キットの検討状況について。
  @全国自治体での導入状況。
  A戸田市導入時の費用の概算は。
市長
担当部長
8 召田厚
志政クラブ

会議録を表示
録画配信を表示
1.まちのイメージアップについて
 (1)電線の地中化は災害に強いまちや景観向上のみならず、まちのイメージアップにつながると思うが、現状と今後の計画をどのように考えているか。
 (2)下水道敷設率100%を目指すための取り組みの状況は。
 (3)後谷公園の現状と今後の展望について。
2.がん検診と予防について
 (1)子宮頸がんの原因はHPVウイルスの感染に起因している。HPVワクチンの接種を前倒しでできないか。
 (2)乳がん検診の対象年齢と定員について。
市長
副市長
担当部長
9 本田 哲
日本共産党

会議録を表示
録画配信を表示
1.市役所敷地内自転車駐輪場整備について
 (1)市役所敷地内の自転車駐輪場利用者から、「自転車をとめる場所がない」との声が出ている。市役所敷地内の自転車駐輪場の利用状況を確認し、市民が来ても自転車等がとめられるスペースを確保しておくべきではないか。
2.生活保護行政について
 (1)長引く景気低迷により、生活保護受給世帯が全国的に急増している。戸田市においても、生活保護申請件数や生活保護受給世帯数がふえていると思うが、現在どのような状況になっているのか。
 (2)生活保護に関する相談や申請手続等は、きめ細やかな対応が必要と考えるが、生活支援課の職員体制は現在どのようになっているのか。また、相談や申請手続は、現在どのように対応しているのか。
 (3)社会福祉法では、生活保護ケースワーカー1人当たりの標準担当世帯数は、市では80世帯となっている。しかし、戸田市では80世帯を超える世帯数を受け持っていると認識している。社会福祉法で定める標準担当世帯数80世帯となるよう、職員を増員すべきではないか。
市長
担当部長
10 細井幸雄
平成会

会議録を表示
録画配信を表示
1.自立支援ホーム事業について
 (1)現状と課題について。
2.小学校英語教育について
 (1)平成16年度から始まった本市の小学校英語の目指してきたものは何か。
 (2)来年度から小学校英語が必修化となるが、文部科学省のねらいとするところは何か。
市長
教育長
担当部長
11 岡嵜郁子
日本共産党

会議録を表示
録画配信を表示
1.介護施設の整備について
 (1)神保市長の市長選挙公約で「特別養護老人ホームの待機者解消」が挙げられていたが、達成についての見通しを伺う。
  @「特別養護老人ホームの平成24年度着工」の進捗状況は。また、その内容、規模、運営主体は。
  A現在、市内2カ所の特養ホーム待機者は962人に上り、1カ所新設のみでは解消にはほど遠い。
   (ア)特養ホーム以外の施設整備の見通しはどうか。
   (イ)待機者解消を前提とした介護施設整備の全体計画を持つべきではないか。
2.DV被害者支援について
 (1)DV防止と被害者の適切な保護は自治体の責務であり、関連する事務も増加している。
  @各課にわたる被害者支援の対応を適切に行うための、情報共有と連携の仕組みはどうなっているか。
  A「DV被害者相談共通シート」と「支援対応マニュアル」の作成を。
3.障がい者・高齢者の移動支援について
 (1)電動車いすの充電を公共施設で行えるようにしてはどうか。
市長
担当部長
12 馬場 栄一郎
フロンティア

会議録を表示
録画配信を表示
1.事業系ごみについて
 (1)事業者は、すべての事業系のごみを、事業者みずからの責任において適正に処理することが義務づけられている。徹底されるような対策が必要ではないか。
2.集合住宅の建設及び管理について
 (1)集合住宅の新築に際し、建設や管理に対し、本市はどのような指導を行っているのか。
市長
担当部長
先頭へ前へ242526272829303132 次へ  最後へ登録件数 2001 件    

Copyright © Toda City. All rights reserved.