このページの本文へ移動

現在位置 :トップページ › 質問通告

質問通告

(*は現職を表す)
 詳細検索
前へ12登録件数 57 件    
順序 質問者 発言事項 答弁者
 平成22年9月定例会(第3回)
  平成22年9月6日【質疑】
88-2-1 酒井 郁郎
平成会

会議録を表示
◇議案第88号 平成22年度戸田市一般会計補正予算(第4号)
 款2総務費、項3戸籍住民基本台帳費、目1戸籍住民基本台帳費、事業3住民基本台帳費、節13委託料、コンビニ交付システム構築について
 (1)利用見込み件数の推計。
 (2)既存の方法により発行した場合とのコスト比較。市役所窓口、駅前行政センター窓口、自動交付機などと比較した、発行1件当たりのコスト推計。
  平成22年9月9日【一般質問】
6 酒井 郁郎
平成会

会議録を表示
録画配信を表示
1.HPVワクチンについて
 HPVワクチン、いわゆる「子宮頸がんワクチン」に対する期待が高まる一方、接種においては課題も多いと思われる。社会の風潮に流されない適切な対応を求める見地から、次の各点について伺いたい。
 (1)効果について。
  @ワクチンの予防効果や持続年数に対する評価。
  A公費助成の検討が必要な他の予防接種との優先順位の根拠。
 (2)対象者の設定について。
  @接種対象者の年齢設定。
  A既感染者を接種対象者から除外する方法。
 (3)対象者への情報提供について。
  @ワクチンの危険性、効果の限界や子宮がん検診の必要性など、接種前に必要な情報の理解を確保するための方策。
  A性病予防や倫理観を含む、発展的な性教育の必要性と内容。
  B周知方法。
 (4)トラブルへの対応について。
  @薬害発生時や説明不足による不都合への対応。
  A責任の所在。
2.政治意識向上について
 (1)投票率向上について。
 (2)市政に対する関心の向上について。
市長
担当部長
 平成22年6月定例会(第2回)
  平成22年6月15日【一般質問】
16 酒井 郁郎
平成会

会議録を表示
録画配信を表示
1.自殺対策について
 (1)現在まで、また、今後の対策はどうか。
 (2)人員を増員し、対策を前倒ししてはどうか。
2.人事制度について
 (1)職員が戸田市内に在住するインセンティブをかけてはどうか。
 (2)昇進、昇給のインセンティブを増してはどうか。
市長
担当部長
 平成22年3月定例会(第1回)
  平成22年2月22日【一般質問】
9 酒井 郁郎
平成会

会議録を表示
録画配信を表示
1.戸田ヶ原自然再生事業について
 事業に期待する見地から、次の各点について伺いたい。
 (1)今後の計画について。
 (2)事業を成功させるためのポイントについて。
2.2学期制について
 2学期制のよりよい実施を求める視座から、次の各点について伺いたい。
 (1)現在までの成果や関係者の反応について。
 (2)今後の対応について。
3.行政コスト情報の提供について
 地域や市政に対する市民の関心を高めるためには、わかりやすい行政コスト情報の提供が有効と考える。そこで、次の各点について伺いたい。
 (1)現在までの取り組みについて。
 (2)市民が行政サービスを受ける際に、コストや費用対効果がわかるよう表示を行ってはどうか。
4.各種手続の簡略化について
 各種手続に要する手間は、市民の行政に対する満足度と直結すると考える。そこで、次の各点について伺いたい。
 (1)各種手続の手間や提出書類の現状について。
 (2)手続を簡略化することはできないか。
市長
担当部長
 平成21年 9月定例会(第4回)
  平成21年9月10日【一般質問】
13 酒井 郁郎
平成会

会議録を表示
録画配信を表示
1.障がい者・シニアに対する業務委託について
 戸田市が目指す「生き生きとした長寿社会づくり」「ノーマライゼーションの社会づくり」のためには、シニアや障がい者が仕事を通して社会参加できる環境が不可欠、との見地からお伺いしたい。
 (1)障がい者施設、シルバー人材センターに対する、業務委託の拡大について。
 (2)その他の方法による支援について。
市長
担当部長
 平成21年 6月定例会(第3回)
  平成21年6月11日【一般質問】
17 酒井 郁郎
平成会
1.自殺対策について
 自殺による死亡者数は、戸田市内だけで年間数十名に達している。早急な対策が必要との見地から、次のポイントについて伺いたい。
 (1)戸田市内の自殺の状況に対する現状認識。
 (2)戸田市において現在実施している自殺対策への自己評価。
 (3)他市の先行事例に倣った、より積極的な取り組みを行うことはできないか。
  @自殺者・未遂者情報の収集・分析。
  A窓口の設置。
  B救急や警察など関係機関と連携(情報の共有、自殺未遂者のケアなど)。
市長
担当部長
 平成21年 3月定例会(第2回)
  平成21年3月9日【一般質問】
11 酒井 郁郎
平成会

会議録を表示
1.小中一貫、異学年混合学級など公教育における取り組みについて
 現代は格差社会と言われている。社会的な格差の是正には公教育の充実が必須と考える。その重要な手段として、小中一貫や異学年混合教育が挙げられると考える。ついては、以下のような点についてお伺いしたい。
 (1)小中一貫、異学年混合学級の導入について、どのように考えておられるか。
 (2)今後における取り組みの方向性と、具体的な予定。
2.不況対策について
 現在、世界的に経済を中心に先が見えない危機的状況にあると認識する。社会不安の緩和に向け、市内の企業経営や生活の実態に即した救済措置を講じ、市民の生活を守ることに真摯に取り組んでいかなくてはならないと考える。ついては、以下のような点についてお伺いしたい。
 (1)景気後退の始まりから現在に至る、不況の状況(例えば、法人における経営状況、個人における失業など)と、それを受けての執行部の現状認識。
 (2)戸田市における現在の取り組みと、今後に向けての方向性や具体的な予定。
市長
担当部長
前へ12登録件数 57 件    

Copyright © Toda City. All rights reserved.