このページの本文へ移動

現在位置 :トップページ請願審査結果 › 「(仮称)戸田市川岸2丁目物流施設計画における児童生徒、周辺住民の安全確保」を求める請願

請願の詳細情報

請願第3号 「(仮称)戸田市川岸2丁目物流施設計画における児童生徒、周辺住民の安全確保」を求める請願

受理番号
請願第3号
受理年月日
令和3年2月19日
付託委員会
文教・建設
委員会付託日
令和3年3月8日
委員会審査日
審査結果
議決結果
採択
議決年月日
令和3年3月26日
紹介議員
三浦芳一
遠藤英樹
野澤茂雅
伊東秀浩
むとう葉子
小金澤優

内容

請願第3号
  「(仮称)戸田市川岸2丁目物流施設計画における児童生徒、周辺住民の安全確保」を求める請願

【請願趣旨】
 野村不動産株式会社が大型物流施設建設を予定している戸田市川岸2丁目の田辺三菱製薬跡地は、戸二小通りと東部センター通りに接しており、近隣の戸田第二小学校(児童数約1,000人)、喜沢中学校(生徒数約560人)の通学路になっています。また、建設予定地の向かいには戸田市障害者福祉会館が立地し、毎日同施設に障害のある方々が通っています。さらに、計画地の四方には戸建てやマンションが立地し、トラック入口正面には川岸公園があります。ここは多くの市民が居住し、子供や高齢者の利用が多いエリアとなっております。
 このように、戸二小通りと東部センター通りは多くの市民の生活道路となっておりま す。特に、戸二小通りはセンターラインがなく、両側に自転車レーンが0.9メートル幅で設けられており、自動車の走行可能幅は5.1メートルしかありません。そのため、自転車レーンにはみ出さずにトラックが対面通行することは不可能です。
 現状の建設計画のまま大型物流施設が稼働し、このような狭い道路に最大で40フィートコンテナの大型トラック(全長約16メートル、幅2.5メートル)が多数通行・入退場することとなった場合、多くの市民が非常に高い交通事故リスクにさらされることになります。
 地域住民の生命を、大型トラック等による交通事故から守るため、以下の内容について請願いたします。

【請願項目】
1.戸田第二小学校、喜沢中学校の通学路に当たる箇所においては、公開空地に通学路を設置し、トラック出入口を回避する安全な通学路を確保すること。
2.トラックの入退場は、将来にわたり左折入場(東部センター通りからの入場に限る)、左折退場のみとするための協定を締結すること。
3.戸二小通りにおける大型車のオーバーハングを回避するため、事業者負担による敷地内セットバックや交差点の隅切り、コーナーの改善を行い、大型車の対面通行が可能となる車道拡幅と自転車レーン及び歩道の整備を行うこと。
4.トラックの運行により、近隣の生活環境に様々な変化が懸念される事項においては、事前に周辺住民と十分協議し、対策を講ずるよう事業者に要望すること。


Copyright © Toda City. All rights reserved.